--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2002/02/28/(Thu)
Last Tango In Paris
ニューステの天気コーナーで
メインテーマが流れてたな。

言わずと知れたベルトリッチの有名な映画だ。
この映画は、なんだかわけがわからないことでも有名。
マリア・シュナイダーは可愛いし
中年男(マーロンブランド)の苦悩も
ある程度理解できるんだが。
…だが、なんでいきなり
アパートの空き部屋でFuckする必要があるのだ???

内容と相反して
テーマ音楽は素晴らしく美しい。
これは名曲だ。
ホントにマジで大好きだ。
俺が好きっぽい曲でしょ?
モロ好みだよね。
こういう曲を創りたい。
メロディが強く美しく、
コード進行が華麗、転調がダイナミックで
エモーショナルな弦アレンジの曲。
これらの要素のうち、どれが欠けても駄目です。
これらが全て揃っていなければ名曲とは言えません。
これは、私の責任において断言。

エンディング近くで
マリアシュナイダーがマーロンブランドを
手コキしてあげるシーンがある。
この前後に演奏される、もろタンゴアレンジの
テーマ曲が、特に来るなぁ。
ここだけは秀逸シークエンスだ。
スポンサーサイト
2002/02/26/(Tue)
Bass
差し替え部分のレコーディング無事終了。
メロディライン未決定部分の16小節間が
ずーっと仮フレーズのままだったのだが
メロディ決定に伴い
Bassも本チャンに差し替えたわけです。
当たり前ですが、ちゃんと弾くと
とてつもなく聴きやすくなります。

昔はドラマーだった俺だが、現在は
とりたててどの楽器が上手い、ということがない。
曲を創って歌う分にはそれほど弊害も無いけど
楽器を演奏した人なら判ると思うが
あの「演奏」という肉体的な運動は
実に刺激的で、忘れられないものなのだ。
ただ歌うだけも寂しいなぁと思ったり。
それに、自分の曲に自分の熱い演奏が入っていると
実にやる気が出る、というか燃えるんだな、これが。
生命が吹きこまれて行く、というか。
で、楽器演奏という分野を無くしてはいけないな
と感じた俺は
以前から好きだったBassという楽器を選択し、
日々向上に努めることにしたのだ。
本職ではないからテクニック的にはおぼつかないが
それでも独特のタイム感みたいなものは発生し
なかなか心地良い気分にさせてくれる。
そうしてある種の相乗作用により
楽曲自体のクォリティも上がってくるわけです。
いいよね。
2002/02/24/(Sun)
スピードスケート
僕の行っていた小学校では
1年生の時からスピードスケートの授業があった。
冬の体育の授業は殆どスケートばかり。
僕はクラスの中では特に速いという訳ではなく
まぁ普通だったと思う。
そうして6年間が過ぎた。
中学に入るとスケートの授業は、たまにはあったが
それほどメインでは無くなった。
そのくせ、毎年冬に一回、何故か
校内スケート大会というものが催されていた。
授業では余りやらないのに
全員滑れるという前提で毎年大会が行われるのだ。
こっちで言うと水泳大会みたいなものだろう。
さすが北国だな。

で、そのはじめて参加した大会での話。
位置に着いて~!よ~~い!「パン!」というから
俺はロケットスタートを決めた。
ところが他の選手が誰も着いて来ないのだ。
「しまった。フライングか?」と思い、立ち止まった。
すると他の選手がニョロニョロと俺の横を滑っていった。
つまり俺が速すぎた、というか他の選手が遅かっただけだったのだ。
気付いた時には時すでに遅し。
必死で追い上げ2位にはなったが、さすがにがっくり。
客席に戻ると、みんなが
「カッコイイスタートだったよ…」と慰めてくれた。

それ以来
似たようなシチュエーションに弱くなってしまった。
一人だけ飛び出していると
自分が間違っているのではないか?という恐怖。
人より後ろで全体の様子を窺う癖がついた。
おまけに、何故かパーカッション奏者になってしまい
バンドやアンサンブルでも最後列に位置するようになった俺は
遂に最後尾を安住の地としてしまったのだった。


もっと現在進行形で走る癖をつけなければ。
周りを良く見つつ、全力で走る。
手抜きなんて多分、ろくなことが無いぞ。
2002/02/21/(Thu)
椎名林檎という名の壁
1998年。
俺が殆ど音楽活動をしていなかった年、
その隙を突いたように椎名林檎さんはデビューした。
実は、その年の2月に千尋さんのシングル
「ストロベリーフィールズ(←俺の曲だ!)」が発売されていて
そのアレンジが亀田さんだったりするのだが
そんな共通点にもまったく気付くことなく、日々過ごしていた。
気が付くと林檎さんは大ブレイク、
知らない人がいないような存在になっていた。
TVや雑誌で見る姿は、俺の好みのように思われ
曲も個性的かつエモーショナルで聴いてみたいなと思わせるものだった。
だが、知らないうちにとてつもなく大きくなってしまったんだよ。彼女。
なんだか後追いのような、流行り物好きの若ぶってるオヤジみたいな。
そんなことになるのも、なんだか嫌で
ただ、彼女の活躍ぶりをボ~っと眺めていた。

彼女の登場以後
彼女のような詩や文を書く人
彼女のように歌う人が増えた。
まぁ以前から居たのだろうが、目立つようになったんだね。
そんな世間を眺め、自分は
時代に取り残されたような無力感に包まれた。

翌年、個人的に変動があり
音楽活動を一部再開することにした。
同時に、以前のような「世間の動きチェック」も再開した。
様々な人や音楽と出会い、そうして今がある。

椎名林檎というものを浚い直すこと。
それは俺にとっては、最後の大きな壁に
ぶつかって行くということのような気がする。
いつか彼女の音楽を「すごく良いね」なんて言いながら
聴ける日が来る、そう思っているんだ。
2002/02/10/(Sun)
オリムピック
世の中は盛り上がっていますが
どこまでも罰当たりな私は
このオリムピックという奴にも
あんまり興味がないのであります。
まったく私という人間はツマラナイ奴なんで御座います。
ただ最近は、個人個人の選手が
自分自身を極めてきたという
その努力と言いますか
過程は素晴らしいと思うようになったのです。
もちろん、その結果もです。
ですので、それなら特に
オリムピックに限らなくても良いだろ、
と思っているのです。
ですが、殆どの選手が、このオリムピックを
最高コンディションに持ってくるよう調整しているので
結果的に注目せざるを得ないと言うのも正直なところです。

私が子供の頃は、日本では
メダルを獲った後も現役生活を続ける人が、あまり居らず
「な~んだ、メダル獲ったらオシマイかよ」なんて思って、
なんだかスッキリしませんでした。
みんな、これを花道に引退してしまったり
ショボくなってしまったりしたので、
なんだか、がっかりしてしまったのですね。
そういう悪印象が現在まで響いてるのだと思います。
まぁ、基本的にアマチュアスポーツなので
今思うと当たり前なんですが、
なんだかなぁ…って感じでした。

それにしても、なかなか入賞順位を
フルで放送してくれないなぁ。
入試の合格発表で自分の名前だけ表示されているようなもので、
見ても、ちっとも嬉しくありません。
2002/02/08/(Fri)
beatles
普段は無関心を装っているが
何を隠そう俺もビートルズマニアであった。
現在でも彼らに関する事柄については
知らないものは殆ど無いはずだと自負している。

現在、彼らの音楽を聴くことは殆ど無い。
俺にとって彼らの音楽、存在は「刷り込み」である。
師匠とか好きとかアイドルとか、それ以前のものである。
物心付く前にたっぷり吸収した「習性」のようなものである。
だから表立って「ビートルズが好きだ」とは
とてもじゃないが照れくさくて言えないのである。
皆は親のことを「尊敬してる」とか「好きだ」と言えるだろうか?
俺は言えないどころか、そういう対象ですらない。

俺自身が創作するものの音楽性にもビートルズは反映されない。
意識的に排除しているからだ。
もしかして、そうではないと感じる人もいるだろうが
それは恐らく、ビートルズではなく
ポール・マッカートニーによる影響だろう。
70年代になってからの彼らのソロ作品は
今でもたまに聴くし、いずれも素晴らしいものである。
音楽というのは大変パーソナルなものだと思っているので
グループで製作する「創作物」には、現在は興味が無い。

ビートルズは「奇跡」だと思っている。
そんな「まぐれ」のような物を
いつまでも追っていても、しょうがないだろうと思っている。
2002/02/02/(Sat)
Marco.@管理人よりひとこと
せっかくの機会なので書いておこうかな。

俺がネット・デビューしたタイミングは
自分のサイト(ここ)開設とほぼ同時で
皆さんご存知のとおり、ライブ活動休止直後のことだった。
まったくの「ネット初心者」として、いきなりこの世界に飛びこんだのだ。
ネットでも、実社会と一緒で
プライベートとパブリックな世界が分かれるという感覚が
当時の俺には無かった。
「Marco.」ハンドルで書きこむ内容は全て
「からかわまこと」としての責任が生じると思っていたし。
ま、それは事実なのだが、
ネットでの全ての活動を、その責任において行うのは無謀
というか、その必要はないのだ、と当時は気付かなかったんだね。
ライブ活動に替わる新たな表現手段のひとつとして
ネットを考えていた俺だが、だんだん無理が生じてきた。
あちこちの登場先における書きこみ内容で
自分自身の首を締めたり、結構苦しくなってきてしまった。

ちょうどその頃、とある有名サイトと出会ったのだった。
俺はそこで、単なる一人の無名戦士として様々な書きこみを行い
罵倒されたり、或いは罵倒したり
熱く語ったり、語られたり
慰められたり、慰めたり…
ホントにいろいろな経験をした。
自分の心情を心置きなく吐露し
ずいぶん気が楽になった。
数え切れないほど大勢の人々と出会い
普通では知り得ないような情報や
多種多様な考えを知ることも出来た。
嫌なこともたくさん有ったが
結果的には、自分にとって有意義な日々だったと思う。
非常に不健康だったけどね(笑)。

今思うと、あそこはネット初心者にとっての
「ネット養成ギプス」或いは「ネット虎の穴」的サイトだったと思う。
大変厳しくハードだが、カリキュラム修了時には
とても成長している、というような。

自分自身への対処方法は、なかなか難しい。
そんなに気張らなくても、と思う人も居るだろうが
俺は、これが普通だと思っている。
ここのようなサイトを運営している以上
終始付きまとう問題だと思う。
俺だって普通に生きているんだし
ネット上でもガス抜きが必要だったんだよ。


ここでは
みんなに楽しんで欲しいし
そのために今後も頑張ります。
これからも応援してくださいね!

Marco.@管理人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。