--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2003/03/19/(Wed)
あの曲
ヒットしてますね。スマの「花がどうした」とかいう曲(笑)。
この曲を初めて聴いたのは松屋でカレーを食ってる時だった。
もうね、聴いたとたんに拒絶反応。「なんじゃこらぁー」って感じで。
ちょっとダメなんですね。偽善ぽくて。
で、その後これがSMAPの曲だと知り、少し考えが変わった。
そしてマッキーの作詞作曲だと判明して、殆ど拒絶反応はなくなった。

こう書くと
「お前は同じ内容でも言う人によって受け取り方を変えるのか」
と思うかもしれない。
そうでしょうね。そのとおりです。
同じ内容でも、それを言う人によって
説得力ってまったく違ってくると思います。
「そうではない。それはいけない事だ。」
僕らはこう学校で教わりました。
でも本当はちょっと違う気がしてる。
これはいろんなことを僕自身が経験して
その過程でわかってきたことです。
というか当たり前のことです。
だからみんな、努力とかしたり頑張ったり出来るんだと思うな。
その為のエネルギーをキープし続けるのは大変ですけど。
でもやらなきゃならないんじゃないかな。

僕はそれを判るのにずいぶん時間がかかったけど。
それでも、判ったのはとっても良かったと思います。
ちょっと遅かったけどね(笑)。
スポンサーサイト
2003/03/11/(Tue)
音大で
入試問題漏洩があったとかニュースでやってたな。
それで似たような経験が昔あったことを思い出してしまった。

僕は自分の行動をあまり他人に説明しない人でね。
黙ってなんでもやってしまうから、
まわりから誤解されることも多かったような気がする。
大学の中退とかも、いきなりだったし
「あいつはホントにどうしようもない奴」とか
当時は、いろいろ言われ放題だったね。
不審な行動をする人間だと、みんなに思われてたと思う。

俺としては、それを選んだのも自分の責任だから
自分が悪い、と思って全て呑みこんでしまったような感じ。
自分の選んだものや人が好ましくないものだったなんて
恥ずかしくて人に言えないし。自分の所為だよね。

それはまぁ良いんだけど
俺の場合、何年も経ってから文句言うのも特徴。
呑みこんだのなら一生呑みこんでいれば良いのに
ほとぼりが冷めた頃に批判し始めるわけだ。
これは、いやがられるよね。
結局大きすぎて、自分一人じゃ
呑みこみ切れなかったということだもの。
まったくダサダサです。カコワルー。

もう10何年も経ってるから時効だと思うけどさ。
つまり俺の行った某音楽系大学でも、そういうことが有った、と。
自分は、選ばれた人間ではなかった、という感じかな。
これ、後で知ったんだよね。
選ばれてないなら、
ここに居る必要はないな、と思ったんだよな。

せっかくのチャンスだから生かせばいいじゃん、
と人は言うでしょう。
断言できますが、あんなのチャンスでもなんでもないです。
クソッ!と思ったから今があるわけで。
2003/03/08/(Sat)
幸せ探して
こないだ自転車でいつものように川っぺりを走ってた時
ふと谷村有美の「幸せ探して」という曲が頭に浮かび
そのままフルコーラス口ずさんでしまった。
ま、春だし。って関係ないかね。
これ遠藤京子さんの曲なんだ。詞もそう。
良い曲で昔から好きだった。

運動がてら、時間を決めてチャリで
土手方面を徘徊している話は前にも書いたな。
そのルート上にはリンガーハットだけではなくて
他にもいろんな店があってなかなか楽しめる。
この辺は土地柄なのか、リサイクルショップが多くて。
一昨年の5月ころだったと思うけど、いつも寄るリサイクルショップで
ミュージックカセットテープが大量に放出されてた。
あれ、たかがカセットだけどバカに出来なくて
特殊ジャケットとか律儀に再現されてたりして感心するんだよなぁ。
今の紙ジャケCDみたいなもんかな。
レコード持っててもカセット欲しくなっちゃう。
ユーミンの3Dジャケとか凝ってるなぁとか感心してた。
で、その中に遠藤京子さんのアルバム(カセット)があったわけ。
「なんでこんなのまであるんだろ?」とかびっくりして。
でも前から興味あった方だったし、
いろんな人に曲書き下ろしてたのも知ってたし
何かの縁かな、と思って購入してみたんだ。
声がおもしろい人なんだよね。なかなか楽しめた。
自分で歌うとこんな感じなんだねぇ…とか思って。

で最近も活動してるのかなと思ってネットで検索。
そこで日美さんの音楽家データベースHPに出会ったわけ。
とても詳しいサイトで、いろいろ参考にさせて頂いたんだけど
僕の好きな山川恵津子さんのデータに気になる箇所があって
メールで問い合わせたりしたんだよね。
そんな流れから昔のアイドルの曲をビデオで浚い直したりして
山川さんのコーナーができたりした、というわけなんだ。

こうしていろいろ思い起こすと
なんでも流れになってるんだなと思う。
自分が動かないとその流れも生まれないわけだし。
なんか感慨深い。

谷村関連では西脇さんがもうダントツに素晴らしくてね。
もうねー全てあの方と言っても良いくらい。
曲からアレンジからまったく文句のつけようがないよね。
15年も前からあんな音楽を作っていたんだよ。
ホントすごいと思ってた。
打ちこみのBassラインとかもフェンダーみたいで。
しかも歌メロが生きてて。

友人とふざけて「幸せ探して」ゲームというのを作ったことがある。
内容は詳しく書かないけど、これ大ヒンシュクだったなぁ。
俺達ふたりは作りながら大爆笑してたけどね。
ホントに、とてもじゃないけどここに書けない内容。
ま、タイトルから想像してくださいよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。