--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2003/08/29/(Fri)
夏の終り
の締めくくりとして34度の気温の中、
府中&調布方面、米軍基地廃墟撮影の旅に行ってきました。
前々からずっと撮りたいと思ってたんだけど
なかなか行く暇がなかった。

最後に行ったのは2年くらい前かな。
味スタ(当時はこの名前じゃないけど)で
4人スマ(!)のコンサートがあった日。偶然前を通ったんだよね。
あれから2年だよ。良く残っていてくれた。
悠長な関東財務局には感謝だねぇ。

結構まわったけど 2年前ロケハンしていただけあって
思いのほか早く済んだと思う。
でもさすがに暑くて帰りはヘロヘロだったなぁ。

HP上にアップしようと思って撮影してきたんだけど
いざ撮ってきて実際に家でみると、
なんかこの場所にそぐわない感じもある。
なんとなく、廃墟って写真に撮るものではないのかも。
心の中に留めておけば良いというような感じ。
でも自分で撮影したということ自体は意味があった。
アップするしないに関わらず、画像を残せたというのが良かったんだ。

米軍基地跡地の中は時間が戦後から止まってるんだよね。
僕がその中から感じるのはノスタルジーとかなのかな。
広い道路とか、電柱とか。
家の形とか、昔の北海道で農地に入植した方々の
家や町並みに似ている感じもする。
戦前によくあった、べらぼうに巨大な建物とかね。
ああいう無意味にでかい建築ブツとかオブジェって
今はあんまりないから、凄くおもしろいわけさ。
当時は効率とか考えなかったんだろうな。
横田基地に感じるのもそういうところ。
飛行場がともかくべらぼうに広いし
建物の天井とかも、どれも凄く高い。
吹きぬけとかホールとはちょっと違うんだよなぁ。
ああいうところで戦前からの司令室を
そのまま今でも使っているのを見たりすると
(旧日本軍のものを接収して使用してる。すごい!)
外国人の感覚って違うな、とつくづく思うんだ。
資源を大切に使っているって感じ。
いいよね。

これで僕の遅い夏休みも終わり。
この2~3日いろいろ出来て良かった。
また明日から通常作業です。
スポンサーサイト
2003/08/28/(Thu)
ヴェルディノ
に行ってきました。2年ぶりかな。
一昨年2回行ったんだけど2度とも閉まっていて
今回はじめて店内に入れたわけです。
場所はよみうりランドのある例の山のてっぺんね。
あの坂を稲田堤から延々とチャリで登り続けました。
2年前は毎日チャリで走りまわってたので
それほどキツクはなかったんだけど
今回は、ちょと苦しかったわ。
今回はギア付きチャリだったのに。
うぅ筋力が…。

グラウンドとか在って
少年サッカーチームとか練習していました。
風が気持ち良くてね。何時間居ても飽きない感じ。
「少年の10月」だねー。

妙にのんびりしたな。
ここでの僕の立場は「OB」なんだな、とつくづく思う。

そんな場所があるのって
良いことなのかもしれないね。
かつては部活のOBとしてあちこちに顔を出していたけど
今はそういうこともない。
でも替わりに、こういう場所がある。

気軽に訪ねることが出来るようになったということは
過去を素直に対象化できるようになったということだねー。
良い風を貰った。ありがとう。
2003/08/27/(Wed)
どうよ?どうなのよ?
僕もある意味コレクターなので
いろんな物を持ってるわけだ。
中には「これは、もう要らないかな」
とか思ってるものもあったりして
そういうものは、欲しがってくれる
同じような趣味の人に譲ってあげたりするわけだ。
僕がそういう申し出をすると、みんな
「嬉しいです」と喜んでくれる。

ところがねぇ…。
あげた後の反応がないのだ。みんな。
あげる前は凄い欲しそうだから
とても喜んでると想像していたのだが。
貰ってしまうと見事にみんな反応がないのだ。
「良いですねぇ」とかさ。
「いやぁ。毎日愛でてますよ」とかさ。
なんか言って欲しいわけよ。
半年とか1年とか。まったく音沙汰なし。

どうなのよ?
一体どうなのよ?
別に「お返し」とか要らないんだよ。
感想だよ。感想。
実際入手してみてどうなのよ?
なにかないのかよ?
入手したらそれで終りなのかよ。

実は、これらの出来事って
見事に「同じような趣味」で「同じような年齢層」に
共通の特徴。

僕ら普段は「いやぁー良かった」とか
言い合いながら取引するのに慣れてたのでね。
無反応なことに、とてつもなく驚いたわけ。
嬉しくないなら、あげなければ良かったよね。
本当にそう思う。

「本当は喜んでるんだよ。表現が下手なんだよ。察してあげなよ」
って言うかもしれない。でもなぁ…。まぁ良いけどさ。


これに直接関連する話でもないけど
かつての仲間が老人化して行くのを見るのは辛い。
なにもせず放っておくと人間は子供のまま老人になって行くんだな。
最近ツクヅクそう思う。
加速しなければ落ちて行く。人工衛星。
ずっと浮かんでるように見えるけど。実は落下してるんだな。
こんなこと悟るのも悲しいけど。
身近な反面教師だと思って見るしかない。
本当に悲しいけども。

気をつけないとね。
2003/08/25/(Mon)
夏が終りました。
逗子のイベントが昨日全て終りました。
海の家は今月いっぱい営業してるけど
DJタイムはこれでおしまい。
最終日の様子アップしました。見てみてくださいね。

番組中以外はずーっとベイ・シティ・ローラーズ流してた。
なんだかんだ言っても70年代洋楽界随一の「最大瞬間風速」アイドルだからなぁ。
みんな言葉にこそ出さないけど心の中ではウルウルしていたことでしょう。
それが正しいBCRの聴き方なんで、問題ありません。

DJタイムのBGMは「ラトルズ」。
番組中に使うBGM用の方のCDプレイヤーが壊れて
急遽MDプレーヤーで代走。で、MDがラトルズしかなかったのだ。
ラトルズとベイシティローラーズがかかる海の家。
ってどうよ(笑)。

最後の曲は「KISS ON MY LIST」。
江ノ島に沈む夕陽が綺麗で。そうして夏が終っていった。
冷夏だとか台風だとかいろいろあったけど
これも経験で。良かったんじゃないかな。
10年前よりは暑い日あったし。雨は多かったけど。

てなわけでさ。「らた、まいねん」ね!
2003/08/18/(Mon)
人と物を創る
のって嫌いだった。昔。
というより、人そのものが嫌いだったような。
対象物としての人間(ウォッチング)は大好きなんだけど
自分に関わるものとしては、ともかく嫌悪してましたね。
バンドとか。気持ち悪くないすかね?
仲間とか。なんだか背中がゾクゾクするような。

自分の音楽が多重録音で全部自分一人なのも
それが大きかったと思う。
自分の製作物に他人という異物を
混入させることが、とっても嫌だったのですね。
作品は自分そのものだから。
今は打ち込みとか、自分一人でやるなんて当たり前だけど
当時は「暗い」とか「変だ」とか「オタク」とか散々言われたもんだ。

今思うと、人が嫌いってコトは
イコール自分が嫌いってことだったんだなぁと思う。
自分が成長してくると付き合う人達も変わってきて
この人とならいっしょにやっても良いな、
と思うような人が増えてきた。
自分の器に相手も比例するんだよね。

この人となら自分の夢を共有しても良いって思える人。
この人のプレイを加えることによって
世界がぐんと広がる、というような感じかな。

一人の力には限界があるんだよね。
うまくお互いを活かせるような夢の出会いがあれば
それはお互いの人生にとって素晴らしい経験なのではないだろうか。
それには日々の精進が必要なんだよね。
2003/08/17/(Sun)
晴耕雨読
なんてベタなタイトルですけども。
まったくそのとおりでね。
あまりに暇なんで新曲の録音作業が進むんです。
嬉しいような寂しいような。

でも本来は「出」だったはずの日なので
急のキャンセルで録音作業にシフトしようとしても
気分的に盛り上がらないこと甚だしく。
結局、細かい修正作業に明け暮れており。
作業が進んでるのか否か、本人以外わからないような
微々たる修正の連続であり。
だが、それが録音の本質でもあり。
これを機会に当システムを極めようという意気込みで
渋々臨んでいる日々であり。

93年の冷夏の記憶は
今でも鮮やかに残っている。
冷夏以外にも個人的にいろいろ動きがあった年なので。
ひょっとして僕が動き出すと異常気象になるってことある?
2003/08/12/(Tue)
ろうろうと歌い上げる
歌唱法が苦手。
僕らの仲間内(リクガメ氏とか)では
「オペラ唱法」と呼んで嫌がっていたものだ。
ビブラートが凄くてね。音程が判らない。
正しい音程で鳴っている比率はどれくらいだろう。
ユラユラ揺れてるんだし
ど真中に収まってる時間は少なそうだが。
音を長く伸ばすから、展開が遅すぎて
コード進行とかも判らなくなっちゃう。

ちゃんとメロディをなぞっててくれれば
それでOKなので、下手なアイドルとかも
楽しんで聴けたんだろうなと思う。
あんまり下手なのもあれだけど、綺麗に歌ってくれればね。
楽曲主義の私としては全然大丈夫です。
表現力って抑揚とかだと思う。
曲自体にも表現力とか含まれてると思うんだよね。
だから邪魔せず、かといって淡白過ぎず。

詩の朗読ってあるよね。あんな感じかな。
言葉とメロディが自然にくっついて
語りかけるように歌って欲しい。
抑揚はメロディで、ちゃんと着けてね。
だから良い曲じゃなきゃダメよん。

そんな感じの絶妙な歌を是非お願いしたいところだ。
……って、誰に?
2003/08/11/(Mon)
Sea Zoo ものがたり
台風が凄かったですなぁ。甘く見てましたよ。
砂が浚われて海の家の土台(基礎?)が出てしまいました。
ほんの数時間前は「波がすげぇなぁ」なんて
のんきに眺めていたのだけれども。

配線は大丈夫だったので良かった。
早速カントクさんが来てチェック。直しが入るようです。
今週は大丈夫でしょう。

北海道はあまり台風なんて来なかったから
なんだかうきうきするんだよな。台風。
不謹慎だけど。
たぶん台風の凄さを良く判ってないっぽい。
これくらい凄いので記憶にあるのは
俺が幼稚園の頃とかだよ。大昔。

あ、あと15年くらい前に一度あったかな。
やっぱり日高の方が崩れて線路が宙吊りになったりしてた。
ちょうど毎年夏に電車で北海道に行った頃で
「台風により不通となっています」と言うお知らせが
あちこちの駅に出ていたのを憶えている。
廃止予定の路線だったのに復旧工事したんだよな。
もったいない話だわ(笑)。

船橋湾岸に居た時は
本当に海の目の前に住んでたんだけど
被害はまったくなかったな。
優れた防波システムだったんですね。
さすが日本一の千葉港だな。
でも台風が去ったあとに、
港内じゅう丸太で埋まってたのを見た時は爆笑したが。
おもしろくて記念写真撮ったほど。
思わず陸地かと思ったもんな。もちろん本当は海だよ。
海面が全面、丸太とか板切れで埋まってるわけ。
たまたまウチに集金に来たオバチャンが
それ見て「なんですか。これは…。」と絶句してたのも
妙におかしかったな。

自然てのは凄いやね。
2003/08/02/(Sat)
歌手なんです
ちょっと前、腹痛に苦しんでいても
歌を録音してる時だけ痛みが消えるという話をした。

ピアノ弾き語りの練習をしたり
新曲を作って何度も仮歌を入れてたりすると、
だんだん声が枯れてきて、ヘロヘロになってしまう。
そのたび「あー俺も年をとったもんだな」とか思っていた。

こないだ新曲のVocal正規テイクを
ずーっと録音していたんだけど
歌えば歌うほど声が出てきて、
声質もどんどん良くなっていくことに気付いた。
びっくりしましたね(最近こればっか)。
「そうだったっけ???」とか思った。
以前の録音ではあんまりそういう記憶がなかったんで。
思い当たる理由は、ライブに向けての歌の練習で
発声方法とかが変わった、とかそれくらい。

不思議な感覚だったな。
これで良いのかな?
ここで無理して良いのだろうか?とか思った。
良いものも録れたし、
適度なところで切り上げたんだけど。

なんか、ここぞという決め所で
不思議な別の力が働いてるんだろうか。

自分が果たしてこれからどうなっていくのか。
ちょっとゾクゾクする体験だったな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。