--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2003/09/30/(Tue)
タイムスリップしてみる
昔の動画。
きまぐれでアップしてみました。
ビデオをPCに取り込める環境が出来たのよ。

とりあえず Part1 ということで
3個ばかりつくってみたけど。
ちょっと恥ずかしい部分もあるけど。
歌とか下手だし。
昔なら絶対公開とかしないような映像だけど。
でも今回はなんか気にならないな。
だって、昔なんだもの。
今の自分とは違うから、という
自負みたいなものがあるんだろうな。
つまりもう「思い出」の一部なんだな。

ドラマーを辞めて自分で歌うようになってから
何故かビデオを殆ど撮らなくなった。
結構自分のプレイ姿見るの好きなんだけどね。
ナルナル。
でも歌うようになってからのライブは
ひとつも撮影しなかった。
撮影どころか、録音すらしていない。
記録に残してしまうとそれで終ってしまうような気がして
なんか怖かったんだなぁ。
それこそ「思い出」になってしまいそうで。

最近は写真とかも撮らないなぁ。
こないだ味スタで携帯写真撮ったけど
ホントに久々じゃないだろか。
自分が被写体になったのって。

思い出になりたくない。
消えたくない。望みを叶えたい。


そいえば品川駅開業だ。
あそこの新都心も凄いんだよな。
OLの人がたくさん歩いていて
なんかどきどきしたし(笑)。

ってなんの話なんだか。
スポンサーサイト
2003/09/30/(Tue)
昔マスター・リマスター
リマスター作業に伴いDL曲目を変更しました。

おなじみの曲ですが音質など向上しております。
どれも昔のバイト時代の曲でして今現在の私の姿とは異なりますが
ルーツみたいなものが垣間見られておもしろいのではないかと思います。

これまでアップしていた新しい作品に付いては
「To ME」と同じように
新しいリマスター仕様CDとして
近いうち完成すると思います。
是非楽しみにして頂きたいと思います。


曲目解説
「高田馬場のテーマ」
みんなに遊ばれた名曲です。
とあるスタジオでリミックスされたこともあります。
とあるシンガーに「次のシングルだ」と渡された曲です(もちろんネタ)。
この路線を突っ走っていたら、また別の人生だったかもしれません。
私は基本的に「むら気」なので
他人に、こういう人だなと決め付けられそうになると
すかして逃げていたのです。
私の昔の作品群は
逃げ回っていた歴史でもあるのですね。

よく間違われるのですが
この曲のVocalは、すべて地声で
トリックは一切使われていません。
Vocalパフォーマンスとしては
最高に楽しいレコーディングでした。

かつて七色の声と言われた私の面目躍如。
決してエネルギーの無駄使いでは有りません。

関連リンク
2003/09/28/(Sun)
武道館
行ってきました。外だけど(笑)。
椎名林檎さんの声と歌が響いてきてました。

行こうかどうしようか迷ってたんだけど
駅を下りて、あのいちばん最初の門に辿りついた時
「あーホントに来て良かった」と心から思った。
いったい何年ぶりだろうか。
景色や建造物とかまったく変わっていない。
なんか時間を超越した感じ。
開演時間からずいぶん過ぎてたので
人も殆ど居なかったし。
これが見られただけで、もう良いかも、
と思ったくらい感動的だったなぁ。

武道館のライブって外にも聞こえるんだよね。
まぁドームとかアリーナなら当たり前だけど。
やっぱり武道館の外っていうのは独特なんだよな。
やっぱり「聖地」なんだよ。

実は前にも一度同じようなことをしたことがある。
あるバンドの10日間公演のときだった。
なんと20年前!史上初の武道館10日連続だったんだよ。
でもチケット取れなくて。で外で聴いてたわけ。
昨日はそれ以来ってことで。凄い。
入れなかったファンの子とかいて。
当時とおんなじだった。

僕はライブというものがあまり好きじゃなかった。
でも昨日久々に行ってみて、ちょっと気が変わった。
「コンサート」って良いものなんだな、と。
今そこに(今回の場合は壁を挟んだ向こうだったけど)
まさに椎名林檎さんが居て歌っているわけだ。
自分も歴史のひとつになるって言うか。
彼女のアーティスト人生の中のパーツの一部分になれる、と言うか。

正面入り口にでっかい看板が掲げられてて、
それを見て、初めて「一日公演」だと知った。
たった一日の武道館公演。
その歴史の一部になれるんだな。
これってすごいことじゃないかなぁと思って。
なんか感動したんだ。

そして。
こんな素晴らしい機会を与えてくれた
「不思議な縁」にも心から感謝。だよね。
2003/09/20/(Sat)
フィル・スペクター
当HPをご覧になっているスペクター・ファンの皆様(そんな人いない)。
待望の「フィル・スペクター極悪人説」無事完成致しました。

ここから Beatles に行って
Get Backのところのリンクを進んでください。

奇しくも Let It Be Naked の発売が正式発表されました。
まさにタイムリな話題と言えるでしょう。
ゆっくりお楽しみください。
他のコンテンツよりは字は少なめですが。
でも、多いです。

これでやっとスッキリしたわい。
2003/09/17/(Wed)
負けるもんか
気になっていた曲を3曲ばかしコピーしました。
耳コピーは非常に大切です。とてつもなく訓練になります。

コピーしてもカバーはやらない。
とりあえず今は。
最近のJPOPではなかなか良いのあるけどね。
元より良くなってるものは好き。
でも基本的には好きじゃないので。

あなたが僕に歌って欲しいと言っていたあの曲も。
やっとコピーしたよ。もう遅いか。
でも、いつかは聴いてもらえる日が来るよね。
その時が来るのを楽しみにしてる。

負けないぞ。俺は。
2003/09/16/(Tue)
歌ってるんだよーーーっ!
こないだ、とある打ち上げがあって
僕のCDをみんなで聴いたとかいう話が出た。
で、一瞬盛り上がったあと
「ところであれは誰が歌ってるの?」…。

俺が歌ってるんだよーーー!こらっ!
そりゃあ自分で歌ってるとは一言も言わなかったけれども。
いやぁー。うけましたよ。

というわけでね。
僕が歌ってるんですよ。全部。
よろしくね。
2003/09/08/(Mon)
ひとつ抜けた
お知らせしてませんでしたけど
夏ぐらいからやっていた新曲製作の作業が
夏の終りと同時に無事終了しました。
とあるサイトに1週間限定でアップしています。
残念ながらここでの公開はありません。
でも個人的お知り合いで欲しいという方には
早晩行き渡るでしょうからご安心を。

この曲の製作はちょうど
旧システムから新システムへの以降作業と
見事にピッタシ重なっていまして、
そらぁ~もう大変でしたわね。
でもお陰で、新システムでの
作業の流れが判りやすくなったと思う。
同じ作業を両方で行うわけだから。
テストを兼ねたTo MEリマスターの作業もあったし。
結果的には綺麗に出来たと思う。
作品自体の出来は60パーセントくらいかな。
曲自体は好きだけどね。詰めきれない部分もあって。
なので良い部分を残しつつ、
次に活かしていきたいって感じです。

てなわけで取り敢えず報告。
2003/09/07/(Sun)
白線流し
1996年。
僕の人生が大きく変わった年です。
そんな人生の大転換期に出会ったのが
他でもないこのドラマだったことは本当に幸せだったと思う。
シリーズ化されて7年後までも続いていくような。
それが
ふぞろいの林檎たちでもなく、
俺たちの旅でもなく、
北の国からでもなく、
踊る大捜査線でもなく(笑)、
「白線流し」であったというのは
僕にとって、とても幸福だったのです。

このドラマはありがちなハッピーエンドを迎えず、
本編が終了しても2年毎に続編が製作され、
彼らの生活や成長も続いていきました。
それを2年ごとに見るたび、僕は自分自身の存在の意味を
彼らに問い掛けられているような気になるのです。
「お前はまだOKなのか?」と。
これは2年ごとに僕に付きつけられる踏絵なのです。
とても優しいけど、でも
厳しく問い掛けられる問いなのです。

たぶん想像ですけど
これは出演者や製作側の方々も
そうなのではないかと思っています。
作品が生まれてしまったのです。
もうそこにあるんです。永遠に。
逃げられないのです。
だから向かい合うのです。ちゃんとね。


PS
今回のものは今までになく賛否両論で
放送直後からあちこちのネット上で大激論となりました。
ここのアクセス数も一時的に増えたので
みんなチェックしたんですね。すごいことです。
僕の意見も書こうかと思ったけど
せっかくあちこちで盛り上がってるので
僕なんかが水を指すのは止めにしときます。

…でも一言だけ。
今まで眩しく見えてた彼らが等身大になった気がするかな。
ちょっとそう思った。

そんな感じです。
2003/09/06/(Sat)
味スタ
行ってきました。
噂の「Be Tough 疾風怒濤 Tシャツ」蔵出し初日に立ち会えて
ラッキーだったわね。まぁまぁ売れました。試合も勝ったし良かった。

当日の様子。


ホンの1週間前に廃墟の撮影に行ったばかりなのに
こんなにすぐ行くとはちょっと思ってなかったわね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。