--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2001/03/21/(Wed)
憧れの人との再会は。
「何かいいことないか?子猫チャン」をちゃんと見た。
途中からしか見てなかったので。
最後のドタバタは素晴らしいですな。
脚本がウディ・アレンだとは初めて知った。
ウディ・アレンはあまり好きではないので
これが最初で最後の経験かもしれない。

それにしてもバート・バカラックの曲はまったく素晴らしいね。
音楽の方が気になって画に集中できないほど(笑)。

映画そのものはナンセンスものなのだが
ピーター・セラーズ
ピーター・オトゥール
ロミー・シュナイダー
バート・バカラック などなど…
今の俺の原点のような映画だな。

小学生の時に一瞬見て以来
ずーっと「もう一度見たい」と想い続けていた。
もっと早く見たかったな…というのが今の素直な感想。
タイミングを逸してしまうと苦しいものもある。
またいつか純粋に楽しめる日が来ると信じたいね。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。