--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2001/04/11/(Wed)
流浪の民

髪を切ってきた。

たかが散髪というかもしれませんが
人に触れるのが苦手な俺にとっては
他人に髪を切らせるなんて
それこそ大イベントなのだ。
だからこそ
気の合うスタイリストが重要なんだけど
何故か
俺が気に入ったヘアサロンは
ことごとく無くなってしまうか
ご指名してた人が消えてしまうという目に遭う。

1人目は
普通の床屋の旦那で気さくな人だった。
が心臓病で入院、休業。

2人目はインターンの友人だったが
急に田舎に帰ってしまった。

3人目は
小奇麗なお姉さん(でも若妻)で
音楽の話など気が合い
僕のことを応援もしてくれていたが
子育ての為休養。
ラストカットにわざわざ足を運んだ。
1996年だ。

次に行ったところは
1回行って気に入ったなと思ったら
いきなり閉店。

その次は
良くしゃべる人で面白かったが
3回行った後
お店の全従業員が入れ替わり
みんな消えてしまった。

次の場所は人の紹介で行ったのだが
なんとなくウマが合わず
自ら撤退。

そして今日だ。
この話をしたら「私は辞めないですよ」と言っていた。
なんとなく居心地は良かったよ。
このまま安住の地となるか?
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。