--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2001/09/11/(Tue)
台風だ
今回は処女作シリーズ。
その後の私の代表的な作風になった2曲です。

「ヘビスモ」はマイナー曲の処女作。
全く私らしい曲ですよね。
レコーディングに参加している楽器の達人のプレイも聴き所。
プログレ狂・川原田氏の渋いBassフレーズ。
ギターキッズ・花島氏のテクニカルプレイ。
いずれも素晴らしいものです。
一芸に秀でたものは美しいのね。
私のハモンド風リフレインは
ポルナレフ「ラース家の舞踏会」を意識したようだ。
日本的悲壮歌曲ヨーロッパ風味ってとこです。

もう一曲は「恐竜」。
これも基本フォーマットですね。
ピアノのバッキング、コーラスの付加具合
転調の方法など、当時(1986年)から全く私のままです。
詞の内容は、珍しく厭世的かな?
この時から思うと、よく今の状態まで回復したものです。
全体の雰囲気は、Wingsの
「Some People Never Know」を意識しています。

2曲ともドラムスのみスタジオで
私自身がプレイしレコーディングしました。
懐かしい。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。