--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2002/02/02/(Sat)
Marco.@管理人よりひとこと
せっかくの機会なので書いておこうかな。

俺がネット・デビューしたタイミングは
自分のサイト(ここ)開設とほぼ同時で
皆さんご存知のとおり、ライブ活動休止直後のことだった。
まったくの「ネット初心者」として、いきなりこの世界に飛びこんだのだ。
ネットでも、実社会と一緒で
プライベートとパブリックな世界が分かれるという感覚が
当時の俺には無かった。
「Marco.」ハンドルで書きこむ内容は全て
「からかわまこと」としての責任が生じると思っていたし。
ま、それは事実なのだが、
ネットでの全ての活動を、その責任において行うのは無謀
というか、その必要はないのだ、と当時は気付かなかったんだね。
ライブ活動に替わる新たな表現手段のひとつとして
ネットを考えていた俺だが、だんだん無理が生じてきた。
あちこちの登場先における書きこみ内容で
自分自身の首を締めたり、結構苦しくなってきてしまった。

ちょうどその頃、とある有名サイトと出会ったのだった。
俺はそこで、単なる一人の無名戦士として様々な書きこみを行い
罵倒されたり、或いは罵倒したり
熱く語ったり、語られたり
慰められたり、慰めたり…
ホントにいろいろな経験をした。
自分の心情を心置きなく吐露し
ずいぶん気が楽になった。
数え切れないほど大勢の人々と出会い
普通では知り得ないような情報や
多種多様な考えを知ることも出来た。
嫌なこともたくさん有ったが
結果的には、自分にとって有意義な日々だったと思う。
非常に不健康だったけどね(笑)。

今思うと、あそこはネット初心者にとっての
「ネット養成ギプス」或いは「ネット虎の穴」的サイトだったと思う。
大変厳しくハードだが、カリキュラム修了時には
とても成長している、というような。

自分自身への対処方法は、なかなか難しい。
そんなに気張らなくても、と思う人も居るだろうが
俺は、これが普通だと思っている。
ここのようなサイトを運営している以上
終始付きまとう問題だと思う。
俺だって普通に生きているんだし
ネット上でもガス抜きが必要だったんだよ。


ここでは
みんなに楽しんで欲しいし
そのために今後も頑張ります。
これからも応援してくださいね!

Marco.@管理人
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。