--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2002/02/08/(Fri)
beatles
普段は無関心を装っているが
何を隠そう俺もビートルズマニアであった。
現在でも彼らに関する事柄については
知らないものは殆ど無いはずだと自負している。

現在、彼らの音楽を聴くことは殆ど無い。
俺にとって彼らの音楽、存在は「刷り込み」である。
師匠とか好きとかアイドルとか、それ以前のものである。
物心付く前にたっぷり吸収した「習性」のようなものである。
だから表立って「ビートルズが好きだ」とは
とてもじゃないが照れくさくて言えないのである。
皆は親のことを「尊敬してる」とか「好きだ」と言えるだろうか?
俺は言えないどころか、そういう対象ですらない。

俺自身が創作するものの音楽性にもビートルズは反映されない。
意識的に排除しているからだ。
もしかして、そうではないと感じる人もいるだろうが
それは恐らく、ビートルズではなく
ポール・マッカートニーによる影響だろう。
70年代になってからの彼らのソロ作品は
今でもたまに聴くし、いずれも素晴らしいものである。
音楽というのは大変パーソナルなものだと思っているので
グループで製作する「創作物」には、現在は興味が無い。

ビートルズは「奇跡」だと思っている。
そんな「まぐれ」のような物を
いつまでも追っていても、しょうがないだろうと思っている。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。