--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2002/05/24/(Fri)
近いと思っていた人ほど実はいちばん遠いと知る
同業者は別にして、俺は
人と音楽の話を殆どしない。
話が合わないことが判っているので。
普通の人となら普通の話をしたほうが
100倍おもしろいし、為にもなる。
他人の人生経験というのはなかなか興味深いものだ。

似ているもの同士、
あるいは、同じ趣味の者同士、
っつーのが、いちばん厄介だよねぇ。
あまりに、自分と
見ている部分、聴いている部分が
違うことに愕然とする。

同じ趣味の人達の集団の中ほど
俺が孤独を感じる場所はないなぁ。
いつでもそうだったなぁ。
どこでもそうだったなぁ。
たまに話が合う人も居たけど
その集団に所属している限りは
「同意はする」っていう程度だったなぁ。
決して自分から危ない橋を渡ることはないんだ。

結局俺は、
なんでも一人でやらなければならない、
という現実を知ることになる。

今の仕事は完全独立。
良く言われることだが、個人個人が独立企業なのだ。
これは俺だけじゃなく誰でも同じ。
すべての責任は自分にある。

俺の曲に「おまえたちにはわかるまい」というのがある。
レコーディングが終了したときは
ちょっと言い過ぎだろうか、と少し反省したりもした。
でも、あの曲をプレイバックするたび
曲を創ったときの自分の気持ちが、痛いほどよみがえってくる。
今でも
言いたい事はまったく変わっていないんだな…
と、理解する。

俺がこういう仕事をはじめたことで
いろんな人がいろんなことを言ってくるようになった。
当初は、判ってくれる人が居たんだなぁ…と嬉しかったけど。
実はそうじゃない、という現実を知った。

有名な吉野家コピペ(C) Not Found の言い方を借りるなら
「本当にそうなのか?と。そう言いたいだけちゃうんか、と。」
ま、そういうことなのだ。

振り向いてはいけないんだなぁ。
向く方向が違って居たんだ。
経験も浅かったし、しょうがないんだけど。
とても良い勉強をさせてもらった。
つか、自分でも判ってたじゃん?
そう簡単に変わるもんじゃないのだ。人間は。
俺は俺として生きていこう。
僕は僕らしく、じゃない。
俺は俺として、だ。
うん。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。