--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2002/05/30/(Thu)
to ME
近いと思っていた人ほど実はいちばん遠いと知る
…なんて書いたけど、今思うとちょっと違う気もする。
はじめは近かったんだけど、いつのまにか離れてしまった、
というのがホントのところじゃないかな。
はじめは近かったから
ずーっと変わらず近いままだと思ってた、というか。

いつのまにか違う方向を向いてしまった二人。
それに気付くときは突然やってくる。
気付いた瞬間というのは「え?」という感じで
背中がゾクっとする、というか独特の感覚がある。
ショックにも近いような。
出来れば知らなかったことにしたいような。
でも知った以上、もう元には戻れない。

自分に近ければ近い人ほどショックも大きくて。
肉親とか好きな人とか。

俺はそういう人達から一生懸命逃れようとしてきた。
いまひとつ、逃げ切れてないけど
他の人よりは逃れられてる方だと思う。
でも、逃げなきゃいけないのだろうか?
基本的に「逃げる」っていうのは
考え方として間違ってるような気もして。
俺が俺として生きるのは難しい。

逃げずに立ち向かっていって
唯一相手を打ち負かすことが出来たのが
「ひつじ Songs」というアルバムだった。
今は Best CDしか売ってないけど
オリジナルのフォーマットがやはり良いんだよな。
あの時掴んだ空気は「本物」だった。

これからもやり続けて
勝ち続けなきゃいけないんだな。
俺は。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。