--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2002/10/27/(Sun)
Nowhere Man の Bass
ブライアンウィルソンがロック音楽では初めて
コードの動きやルートという考え方を替えて規制をなくし
Bassフレーズとか自由にしたわけで、その結果
ポールマッカートニーが素晴らしいBassフレーズを
弾くようになり、ロック音楽が進化したと言われてるけども
単なるBassフレーズとしては、いろんなフレーズを
既にポールは弾いているのよね、意識はしてないと思うんだけど。
コードが決まっててもいろいろ出来るっていうのは知っていたような気がする。
ブライアンはピアノで作曲したから一人で弾くわけだが
ビートルズの場合はバンドだから、
ギターのコードとBassフレーズは別な人が担当するよね。
ギターのコード譜だけだと簡単になってしまうけど
Bassフレーズも合わせると結構なテンションになると思う。
更にメロディやハモリも合わせると、なかなか複雑になってくる。
ラバーソウルくらいだと、もう既に複雑なフレーズになっていて
たとえばNowhere Manはギターだけでは、ただのスリーコードだけど
Bassは尋常じゃない動きになっている。
ミッシェルのイントロも有名よね。これは5度入り。

Bassをルートに置かないのはブライアンの得意の手法だけれども
これは実際は、別なコードでも代用出来たりする。
でも上と下でコードを替えた方が気持ちいいというか、
独特の響きになって良いんだよね。ロックコンボって感じがするわけだ。

先日ふとした切っ掛けで
ポルナレフの89年の曲「グッバイマリルー」をコピーしたんだけども
始めは-5とかDimとか結構入り組んでるなと思ったんだけど
その後練り直したら殆どそのルート違いでも出来ることが判ったんだ。
どっちを使うかは好みだけど、そもそも外国のアーティストは
「コード」という概念が、あんまり無いように思う。
俺の場合フィルスペクター的なんで
ひとつのコードを一個一個ちゃんと鳴らすのが好きなんだけども
彼らの場合は、どうでもいいように思っているフシがある。
流れとか動きが大切なんだよね。対位法というか。
だからコードというのも流れる中の一瞬の中のひとつに過ぎない。
凄い贅沢よね。ちょっと羨ましい。

でもジョージハリスンの曲みたいに
Dimコードをしっかり4回刻む、なんてなのも、
これまた良いもんなんだよな。ロックだぜ。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。