--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/02/10/(Tue)
過去の映像
ひそかにアップしてあります。

いったん落としてから見たほうが
安定すると思います。
Realファイルは質は良いともいえませんが
なんといっても小さいのが捨てがたく。
サーバーの容量的のこともあって、
もうしばらく利用させてもらうと思います。
リアルプレイヤー使うのが嫌だとおっしゃる方も
まぁ。ご了承くださいということで。

今回のは私が歌っているもの。
これって初?
ちょっと昔の姿だし、恥ずかしい動画なんですが
もう時効で公開しても良いかも、と思ったので。

ひとつ目は特に長くて大変だと思うのですが、
ぜひいつか見てほしいと思っていたので。
ぜひ頑張って見てください。
当時、いろいろあって
これが最後の録音になるかも、と思っていたので
記念にビデオを撮っていたのです。
このビデオが面白いと思うか、
つまらないと感じるかは、意見が分かれるところでしょうけど
まぁともかく、ヴォーカルパートの構築というものは
こういう風にするのだということで。
リアルに感じてほしいわけです(Realファイルだけど笑)。
意外に淡々と、しかし確実に作業が行われるんですね。
この翌日にこの曲が完成し、私の人生が変わってしまいました。
このビデオは私が進化する前の最後の姿なわけです。
ご堪能あれ。

もうひとつは懐かしい東放学園実習映像。
今のところまともなのはこれだけかな。
これで歌うのは本当に大変でした。
モニターもないし。
そもそも俺ギターじゃないし。
でもKeyboardが用意できなかったので
毎年この実習のときだけは
ギターを持って歌いました。
ギター持って歌う練習したんだから。
その努力は買ってください。

場所は三田スタジオだったと思います。
ローリーさんのビデオジャムとか撮ってたスタジオ。
実習で使うのはこの翌年で最後じゃなかったかな。
学園の建物が新築されて
新しいスタジオができたので。

これで感じたのは、テレビって本当に大変なんだなってこと。
まぁライブも大変だけど、
それが中継されてたりしたら、
緊張度は100億倍くらいになるんじゃないか、と。

普段テレビとか見ながら、
しっかりせぇ!なんて突っ込んでるけど
普通の人にはできないことだ、と
まぁ一応擁護もしとこう。

以上。楽しんでください。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。