--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/03/11/(Thu)
寒かったー
今のうちに引っ越してきたときは
周りが駐車場跡地でまったくの空き地だった。
どこの窓から外を見ても空き地なんで
気分も良かったし、冬もよく日が入り暖かかったのである。
ところが去年の今頃、住宅が経ち始めて
夏頃にはすっかり周りを
相似形の建売住宅で囲まれてしまった。
とはいうものの、センスの悪いデザインでもなかったので
まぁいいか、とか思って看過してたんだけど
そのうち冬がやってきて大変なことになってきたのである。
日がほとんど入らなくなって
家の中じゅう、恐ろしく寒くなってしまったのだ。
これは予想外だった、というか迂闊だったねぇ。
もっと早く気付けよ、と思ったけど
以前はホントに暖かかったので、かなり油断してたのだ。

知ってる人は判ると思うけど
千葉時代の一軒家は本当に本当に寒かった。
冬の朝起きたら部屋の気温が4℃だったという記録がある。
そりゃぁ外じゃねぇえか、ってことなのだ。
北海道では家の中を超暖房設備で暖めてあるのが普通なので
この、部屋の中4℃という記録は自分としても前代未聞の経験。
しかも日が入らなくなると家の中は外の気温よりも寒くなった。
今ちょうどボーカル録音中のビデオを公開してけど
あれもジャケットを着てるけども、
コートを着て歌の録音をしたこともあったほどだ。

そんなこんなで、まぁそれ以来の寒さだったわけだ。
今回の冬は。参りましたよね。
一番ピークはやはり冬至近辺でしょう。
平均気温はそれ以降が低いわけだが、
なんといっても太陽光線の量が関係してるので
高度が低くて光が入らないとまったく駄目なんである。
だから、外はまだ寒くても
1月中旬くらいになって日が長くなってくると
本当にほっとしたというか、安心したな。
このまま3月頃まで続くのか?
一生寒いのではないか、と思ってたからさ。
1月半ばから春の訪れだったわけね。ここでは。

来年からはこれを教訓に気をつけねば。
一軒家時代も大量の暖房器具や防寒グッズを揃えたが
こっちでもまた必要になるかもなぁ。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。