--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/03/22/(Mon)
僕にとってのドリフは紅白で終わった
金曜日、電車を待つホームで
なんとなくいかりや氏の事を考えていた。
「最近出ないなぁ。年末の大爆笑も辛そうだったし。」
「次に名前を聞くときはやはり訃報なんだろうか・・・」
と思っていたところだった。

僕自身は家が厳しかったのもあって
ごく幼少の頃を除き、ドリフはほとんど見なかった。
しかし同世代、下の世代への影響力は絶大で、
間接的に僕もかなりの影響を受けている。
僕が自由にテレビを見れるようになったのは
一人暮らしをするようになってからで
つまり僕にとってのドリフは
フジテレビの「大爆笑」と加藤茶なんだね。

友人たちとバンドなどをやるなかでも
やはりドリフネタは欠かせず、
何かというと、場面転換の音楽とか
効果音とか細かいギャグとか、ともかく
ふざけるにはもってこいのネタだった。

こんなドリフネタで盛り上がっているバンドなんて
俺たちだけだろう、と思っていたので
その後、新しいバンドに入って
メンバーの世代が10歳くらい若返ったときに
まったく同じネタで盛り上がっていたのには
かなり驚いたもんだ。
本当に世代を超えていたのである。

というわけで
僕にとっては他人からの影響のほうが強い感があるが
それでもドリフは僕らのバイブルのひとつだったといっても良いだろうね。

その時も書いたが
3年ほど前、ドリフが再集結し
NHKの思い出のメロディに出演した。
あれは本当に感動した。
ネタも面白かったけど、あのNHKに
歌だけではなくコントとして出演していることが
マジですごいと思ったのだ。

ただ、ロックバンドとかの再結成でも感じることだけど
往年の自分たちのパロディを演じているような様子は
なんとなく、寂しいような気がしたのも事実で
これでドリフはおしまいなんじゃないか、という気分さえした。
まぁ「思い出の」メロディなんだから、それで良いのだろうが。
5人揃った姿を見れるのはこれが最後、という感じがすごくしたのだ。

だから紅白出場が決まったときは
「おーー」と思ったもんだ。
まだまだ生き続けてくれるのかもしれないと思ったね。
紅白では歌だけではなく
幕間のコントや聖歌隊なども披露してくれた。
ドリフの全活動の集大成だった。
この後もし誰かが欠けても
誰かが居なくなってしまっても悔いが残らないように
すべてやって見せてあげているという感じだったね。
俺たちに対するメッセージのような気がした。
「もうこれ以上俺たちには何も望むなよ」と。
「お前らの愛したものはこれだ。もう見せたからこれで良いだろ?」
とね。

さっきの再結成の話じゃないけど
往々にして過去の栄光にすがった復活というのは
なかなか期待通りには行かないものだ。
華麗だったロックスターが醜く太ったブタになっていたり
美声がつぶれてダミ声になっていたり
まぁガッカリさせられることが多いもんだ。
だけどこの時のNHKでの一連のドリフ復活は
まぁまぁ楽しめたんじゃないかなと思う。
ハラハラはしたけど、なんとか収まったし。
勢いはないけど、まだ現役ではあるなと感じれるものだった。
と同時に、なんだかほっとしたというか
なんだか満足してしまったというか。
もうこれで新しいドリフは見なくても良いなと思ったのだ。
もちろん見れたら見れたで嬉しいけど
これで、もう二度と再結成がなかったとしても
それはそれで良いや、と思ったのだった。

自分のなかでは
紅白で一旦ドリフは終了した。
そこで完結することができたので
今回のショックも最低限のものに抑えられたのだと思う。
金曜日にホームで見た白昼の予知夢も、
ある意味自分に対する防御作用だったのかもな。
来たる時に備え、最低限のショックに抑えるために
潜在意識が見せてくれた夢、だ。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。