--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/04/03/(Sat)
ドリフって
お笑いなんだろうか。
最近追悼番組とかやってるんで
改めて見てるんだけど
ドリフってのはお笑いというより、
パロディミュージックに近いような気がする。
タモリのアルバムとか、僕の高田馬場のテーマとか
そっち方面。
コント全体の間というか、流れというか、
音楽をやっていたものじゃないとわからないような
微妙な空気があって、それが抜群に笑えるんである。

これは一般的なコミックバンドとか
ボーイズものとはまったく違う。
玉川カルテットとか嘉門とかポカスカ(略)
・・・ああいう芸事ものとは違うジャンルだと思う。
ドリフに感じるものはこれとは異なるものなのだ。
バラクーダーのデビューした頃はこれと近い空気があったけど
ほかではあまり見かけないものだな。
(横山ホットブラザーズも少し近いかも)

これは音楽のいじり方というかアプローチが違うんだ。
ちょっと嫌味というか斜めな感じ。
まじめな人を怒らせる、といったら良いのか。
説明が難しいけど。
そんな視点を日常コントに応用したもののような気がする。

大瀧詠一大先生のお笑い系の曲は
どちらかというと先の芸事系な流れと言う人もいるけど
実際どうなんだろうか。
大先生はクレージー研究家だし、その辺は微妙なんだけど。
それでもナイアガラムーン(アルバム)と
ロックンロール退屈男は秀逸だったと思うけどね。
お笑いなのか?と言われると、これもちょっと違う。


初期のドリフのネタで僕が忘れられないのは
加藤茶のタブーである。
これは今思い出してもホントに素晴らしかった。
これのツボは、このネタに持ち込むきっかけにある。
トットコトントン・トトトという例のリズムに
持ち込むためのネタフリ。
これが毎回毎回練られていて実に面白かったのだ。
あるときは闘牛のドラムロールから。
あるときは甲子園の入場行進マーチから。
ベタだが葬式のお経の木魚のリズムから。
オルゴールの音色がタブーのメロディだったという秀逸なものもある。
来るな?と判っていても、加藤茶の絶妙な登場の仕方もあって
毎回大爆笑だったのだ。
世間では「ちょっとだけよ」というオチの部分だけ
取り上げられて流行ったが、ここだけでは
このネタの爆発力は10分の1くらいに減ってしまう。
サビだけしか歌わない曲みたいなものなのだ。

大爆笑とかに時代は変わっても
その使われている音楽とかが絶妙だったのは
先日書いたとおり。
僕たちは皆これを演奏してたのだ。
面白い音の出る物品に目ざといのも
この影響が大だな。
今でもナベとか釜とか、ともかくなんでも
叩いてみて音を確認する癖は、この影響があるんだろう。
ファミレスとかでトレーをひっくり返したり
誰かが物を落としたり
そんなことに今でも爆笑してしまう。
セサミストリートとか昔の英米のコメディにも
こんなのがよくあったから
これも元はあっちからの流れなのかもな。

まぁともかく。
僕の感覚ではドリフは
お笑いとかコントとかその範疇とはちょっと違う、と。
だから
その世界であまり受け入れられないのは当然だし、
またそれで良いと思う。

ドリフというジャンル。そういうことだろか。
ツボが合ったとしか言いようがないな。
そのツボに合った人が全国に多数いる、と。

すごいやね。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。