--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/04/25/(Sun)
鈴木亜美さん
復帰したとか言って
この2~3日いろいろ出ております。
有名な方だったようですが
私的にはちゃんと見るのが今回初めてだったわけで
へぇ~~~~~~~~~~~と思って見てます。
これが「あの」鈴木亜美なのかー。

この感覚は再結成したアーティストとか見る感覚に似ている。
得意技やお約束、ヴィンテージなフレーズの登場に
おおおこれが伝説の・・・って感動する、あの感じ。

「これがあの伝説のアヒル口かー」
・・・っと。なんだろな笑

前にも書いたけど、僕には時々こうして
すっぽり抜けてる時代というものがあって
後から感慨深く見直したりすることがある。
その時々で知らなかったのは
私生活が忙しかったり、興味がなかったり、
まぁ理由はいろいろなんだけど
とてつもなく有名なものをまったく知らないというのは
ある意味爽快な気分でもあるのだ。

その瞬間瞬間で受け止めて
認識できるのも楽しいし面白いけど
ものごとが一段落したときに
全体を見渡してみるというのも面白いんだよね。
アンソロジーというのは
そのものが終わっていないとまとめられない。
僕はこのアンソロジーをまとめるというのが大好きでね。
解散したり引退してしまったアーティストや
亡くなってしまった人の作品集を編纂することが
よくあるんだけども、楽しくてしょうがない。
活動が長いグループで、未だに存続中だったりする場合は
編纂作業ができないので、早く解散してくれないかな、
とか思ったりするのだ(笑
すごい罰当たりな人間である。

と。
鈴木亜美さんの話だったか。
えーと。
がんばって欲しいですよね(ありきたり

例によって
人工衛星に例えて言うけども
要するにあれは飛んでるんじゃなく
落ち続けてるんだという話。
もう加速しないんだから。
地球の周りを回りながら落ちてるんだということで。
どうせなら、落ちるまでの時間を延ばしたい。
どうせ落ちるなら綺麗に落ちたい。と。
落ちかけの過程で何をするか、できるかということだな。
亜美さんも打ち上げは終わったわけだ(たぶん)。
でも活動は終わりじゃないんだ。

休業中はいろいろあったでしょうけど
これからいろいろできるはずですよね。
以前のことはあまり知らないけど、
すべてを受け入れて
フロントで顔に風を受けて
歩いていこう!と決意したような
吹っ切れたような良い顔してたと思うな。
22歳でこんな経験する人もあんまり居ないだろうし
これからどうなったとしても
良い人生を送るような気がするけど。

と。いうわけで。
がんばって欲しいですね。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。