--/--/--/(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/03/02/(Tue)
ロバートフリップのインタビュー
音楽家はどのように作品を作り
プレイするのだろうか。

14年位前だとおもうけどロキノンに
ロバートフリップの長いインタビューが掲載されていた。
ちょうど紅伝説が出た頃かな。
それのプロモーションだったんだろう。
なんてったってクリムゾン、いや
プログレ音楽の創設者で、伝説のアーティスト
ロック界一の理論家で気難家、
そのうえ日本でこれほどの長時間インタビューは
初めてだというのもあって
かつてないほど気合が入ったものだった。

で、内容はどういうものだったかというと
これがもう、とてつもなく素晴らしく、
今でも僕の中では、かなり重要なポジションに
位置しているものなのだ。

それまでのプログレのイメージ、
あるいはクリムゾンのイメージというのは
神秘的とかファンタジックとか幻想的とか
暗闇とか、そんなものだったと思う。
もちろんプログレにはもうひとつの顔、
楽器達人者の集合体という面もあるのだが
クリムゾンはどちらかというと
前者の面が多かったような気がする。
それには初期のピートシンフィールドの歌詞が
幻想的で判りにかったというのも大きく、
その後のプレグレバンドはその路線を
多かれ少なかれ踏襲したのだ。
そんな流れで、芸術的とか文学的とか
そんなイメージになったんだろうね。

話が長くなったが、つまり
そのように音楽に何かの意味合いを見つけたり
探して見つけ出したりする聴き方が70年代当時は旬で、
インタビューでも、まずそういったことの確認から
入っていったわけだけども
予想を裏切ってフリップ先生、
インタビュアー=リスナーの聴き方を
ことごとく否定されたのである。
「詩の意味?作詞家に聞いてくれ」
「ほかのメンバーの気持ち?それは彼らに聞いてくれ」
「カタルシスは?って・・・。わくわくしただけだが」
「ディスコやダンスミュージックは最高だからやってる」
ほかにも書ききれないほどのお言葉があるのだが
まぁともかく、一つ一つのお答えが
演奏者としての真意を突いており本当に感動したのだ。

インタビュアーは市川何とか言う
プログレ会では有名な方だったが
あまりにも、すべて否定されるので、読んでても
しまいにはかわいそうになってきたくらいだった。

これはロバートフリップの人間宣言だったのだ。
いや、本人ははじめから人間のつもりだっただろうが
リスナー側がそれを自ら見えにくくしてしまっていたのだ。
目が覚めるとはまさにこのことだろうね。
彼も一介のギター弾きに過ぎなかった。
別に何かしら特別な才能があったわけではないのだ。
宇宙のパワーをもらったとか、そんなことないのだ。
ただ、自分自身の可能性を自ら発見し
それを伸ばすべく人並み以上に努力しただけだったのだ。

僕はそれまで、音楽とか芸術は
特別な人間がやるものだと思っていた。
いや、はじめは思ってなかったけど
成長するにつれ、そう教え込まれたり
自分で思い込んだりして、勝手にそう決めてしまったのだ。
でも実はそんなこともないんだと知った。
「あの」ロバートフリップでも
演奏家として感じていたことは
このヘタレな僕と変わらなかった。
音楽は音楽以上でも以下でもなく、
だから音楽を音楽として感じよ、と。

もうひとつ重要なことがある。
彼が言いたかったこと。
それは「答えはここにはないよ」だった。

そのインタビューを読んだあと
僕はずいぶん気が楽になり、
普通に音楽を演奏するようになった。
ただ自分自身が自分として
プレイしたいことをプレイすればいいだけなのだ。
そこに、それ以上の意味などないのだ。
その代わり「音」は研ぎ澄ませよ、と。
そう思ったんだな。

スポンジが不味いケーキってのはどう?
クリームも載ってる具もうまい。
でもかじってみたらスポンジの食感が・・・。
肉の不味いシチューってどう?
スープも具もとてつもなく美味かった。
でも肉をかじってみたら、ありゃりゃ・・・と。

まぁこれはあくまで僕の感覚だけど。
そりゃないだろ、ってことなのだ。

音だけで勝負し続けたフリップ。
本当にすごい。真のオトコだ。
2004/02/22/(Sun)
BEATLES を全曲歌おう大会
この2~3日開催されております。
ウチで笑
ちょっと人に、別バージョンのレコードとかを
全曲録音してあげることになって
どうせならということで、
録音しながら全曲歌うことにしたわけ。
いや~。
面白いし楽しいけど。
大変ですなこれは。
なんてったってジョンレノンの炸裂具合だわ。
全曲全力疾走。
こりゃぁ後年ヘタってくるはずです。
息継ぐ暇もないし、
語呂の良い言葉が機関銃のように
湧き出してくる。ツバ飛ばしまくり。
恐ろしいです。倒れそうになりましたよ。

それにしてもほとんど覚えてるんだなぁ。
やはりというか、意外というか
子供のころから歌ってたものは
そう簡単には忘れないのだ。
微妙なフレーズの締めや、息継ぎ場所、ミステイクまで
ほとんど完コピなんである。すげえすげえ。

昔はメインハモリ含めて
ポールのパートを歌っていたのだが
いつの頃からかジョンのパートを歌うようになった。
だから、最近馴染みなのはジョンパートのはずなんだが
それでも、ポールのパートもしっかり覚えているのである。
まぁポールはソロ時代に引き継がれた
独特の歌い癖があるので
それを知ってれば勘でもある程度は歌えるのだが。

歌って気持ちがいいということは
聞いても気持ちが良いってことだなぁ。
こりゃぁ人気出るよね。かっこよすぎ。
っていうか
初期のジョンレノンて神だわね。
これ聞くと晩年のピースなジョンも
初期があってこそ!の存在意義だわね。
「やった人間」の説得力だ。まさに。
ひえ。
2004/02/10/(Tue)
過去の映像
ひそかにアップしてあります。

いったん落としてから見たほうが
安定すると思います。
Realファイルは質は良いともいえませんが
なんといっても小さいのが捨てがたく。
サーバーの容量的のこともあって、
もうしばらく利用させてもらうと思います。
リアルプレイヤー使うのが嫌だとおっしゃる方も
まぁ。ご了承くださいということで。

今回のは私が歌っているもの。
これって初?
ちょっと昔の姿だし、恥ずかしい動画なんですが
もう時効で公開しても良いかも、と思ったので。

ひとつ目は特に長くて大変だと思うのですが、
ぜひいつか見てほしいと思っていたので。
ぜひ頑張って見てください。
当時、いろいろあって
これが最後の録音になるかも、と思っていたので
記念にビデオを撮っていたのです。
このビデオが面白いと思うか、
つまらないと感じるかは、意見が分かれるところでしょうけど
まぁともかく、ヴォーカルパートの構築というものは
こういう風にするのだということで。
リアルに感じてほしいわけです(Realファイルだけど笑)。
意外に淡々と、しかし確実に作業が行われるんですね。
この翌日にこの曲が完成し、私の人生が変わってしまいました。
このビデオは私が進化する前の最後の姿なわけです。
ご堪能あれ。

もうひとつは懐かしい東放学園実習映像。
今のところまともなのはこれだけかな。
これで歌うのは本当に大変でした。
モニターもないし。
そもそも俺ギターじゃないし。
でもKeyboardが用意できなかったので
毎年この実習のときだけは
ギターを持って歌いました。
ギター持って歌う練習したんだから。
その努力は買ってください。

場所は三田スタジオだったと思います。
ローリーさんのビデオジャムとか撮ってたスタジオ。
実習で使うのはこの翌年で最後じゃなかったかな。
学園の建物が新築されて
新しいスタジオができたので。

これで感じたのは、テレビって本当に大変なんだなってこと。
まぁライブも大変だけど、
それが中継されてたりしたら、
緊張度は100億倍くらいになるんじゃないか、と。

普段テレビとか見ながら、
しっかりせぇ!なんて突っ込んでるけど
普通の人にはできないことだ、と
まぁ一応擁護もしとこう。

以上。楽しんでください。
2004/02/06/(Fri)
真冬
今日の天気で
「今日は寒く、真冬に戻ったような気温です」
と言っていた。
1月20日くらいの天気では
「今日は寒く、真冬並の気温です」
と言っていた。

前から気になってるんだけど
「真冬」って、いったいいつなんだろう?

「真冬」並ってことは「真冬」本体ではないねえ。
「真冬」に戻ったよう、ってことは
今日も既に「真冬」ではないことになる。

では一体「真冬」はいつだったのか?
1月20日から今日までの間に、多分「真冬」があったのだ。
おそらくそうなのだ。そうに違いない。
間違いない。


防水ラジカセで検索していらっしゃる方が
結構いらっしゃいます。ありがとうございます。
せっかくですのでリンクを貼っておきます。

風呂スピーカー

検索するとカシオのとか出てくるけど
あれはラジカセじゃなくてCDラジオだよね。
紛らわしい。
俺が使ってたのはラジカセ。
本当にカセットとラジオのみ。
当時はこれしかなくてね。重宝しました。

いま風呂リラックスブームだけど
俺が風呂で音楽を聞き始めたのは10年くらい前。
それまではアパート住まいの銭湯利用。
で、引っ越してウチ風呂になったわけだが
一軒家だったからなんか妙に淋しくて
音楽をかけるようになったわけ。

普段はなかなか時間がないので
今でも一番音楽を長く聴く時間は
入浴タイムなのだ。45分弱。アルバム一枚って感じ。
新譜でもなんでも先ずここでチェック。
風呂は集中力が強化されるし
余計なアレンジとか耳に届きにくいので
作品の本質を聴くにも適してるんだな。


ここ1ヶ月ほどネット環境が落ち着かなくて
HP関連の更新が出来ません。もう少し待たれい。
2004/01/22/(Thu)
喜びの電話
なんか自分の歌がCDになるとか言って
実家の両親に電話で喜びの声を伝えてる子が出てる。
エースをねらえ、の子だ。

こういうシーンはよく見るけど
ウラヤマシイわな。
自分には絶対ありえないことだからな。

今俺には喜びを伝えたい人なんて居るんだろうか。
居たとしても、少なくとも両親ではないだろう。

俺の人生は彼らの俺に対する期待を
裏切りつづけてきた人生だった。
彼らが喜ばないよう、彼らを喜ばせないよう
わざとコースを外れながら生きてきたのだ。

俺の作品の中の怒りとか嫌味とか当てこすりとか
そういったもの全ては、実は彼らに向けてのものだった。
これは10年くらい前に自己分析して気付いたのだ。
スウィートホームへの憧れとかそういったものも
全て屈折した気持ちの現われだったんだね。
実際は温かい家庭なんて有り得ないのだ、と思っていたのだから。
ドラマとか映画は、あくまで架空のものである、と。

対立の人生か…。
それが何も生まないことも今では判っている。
でも、だからと言って、今までの人生を
巻き戻してやり直すことは決して出来ないのだ。

電話をしてる、あの彼女のように、
あれくらいの年齢であんなことが素直に出来ていたら
俺の人生はどうだったのだろう、と思う。

もしそうだったら幸せな人生だったかもしれないが
逆に今の自分はないような気もする。

どっちが良かったのかねえ…。
その答えは、ちょっと今は判らないな。

別に、今、わからなくてもいいか。
2004/01/20/(Tue)
ザウス
壊されてるんだな。
ま、放って置くわけもないから
いつかは壊すだろうとは思っていたが。
実際にその映像を見ると、なんかショックだな。

船橋時代の俺の家はザウスの近所。
…でもないけど、デカイ建築ブツだから
近所に見えるんだよな。遠近法だ。
ちょうどザウスが真正面に見える位置に
でかいテラス窓があって、毎日毎日
その窓からザウスを眺めながら
ボーカルを録音していた。
晴れると気分が良かったね。

あそこは環境は良いとはいえなかったが
視界が広いのだけは良かった。
湾岸の埋立地だったから、ともかく広いわけだ。
工場とか海路とかね。

俺の出身地にもデカイ港があったが
まぁ港っていうのはどこも広いね。
船って運ぶものがデカイから
ともかく全てのもののスケールが違うんだ。
港を歩いていると思わずガリバーな気分になるね。
大陸的。
ここで慣れちゃうと遠近法とか
距離感の感覚が狂ってしまう。

ザウスはその建築中から
電車とかでずーっと見てたんで
なんだか愛着があったね。
近所でバイトもしてたし。
下の団地のヤツラとか元気なんだろうか。
俺が引っ越す少し前に出来て
それが去った少しあとに閉鎖になったっつのも。
なんだかな。

ザウスって「午後2時のバブル」なんだよな。
幕張新都心とかも、そんな感じがする。
世界最大の屋内スキー場に未来都市…。

そうすると今って「たそがれ」なのかもな。


夕方以降に元気なのは業界人と若者だけだ。
早寝早起きの俺は寝るわ。
2004/01/16/(Fri)
風呂スピーカー
遂に買ったのだ。

およそ8年間使ってきた防水ラジカセの
ピンチローラ(ゴムの輪)が擦り減って
テープがウニョ~と巻き込まれるようになってしまった。
テープの音は劣化してくると思ってる人が多いけど
実はそれよりもプレイヤー側の問題の方が多いのよね。
アジマスとかピンチローラチェックすると、たいがい直ります。

で、今までは
そのラジカセだけだと音が悪かったので
拾ってきたミニコンポのスピーカーをイヤホンジャックに繋いで
そこから音を出力して聴いてました。
拾いもんだから湿気で壊れても気にしないし。
元々ミニコンポのスピーカーだから音は良いし。
迫力あるモノラルサウンドで、なかなか良かったんだが。
本体がちゃんと掛からないんじゃーしょうがないわな。
ラジカセ直そうかとも思ったんだけど
今時カセットの修理なんて出しても
まともに直ってこないだろうと思ったのさ。

で、いろいろ調べてみたら
その1
その2
こんなのがあって。
これだと中身のプレイヤーを選ばないので
良いかなと思ったんだな。
無印のもあったんだけど、あれは
アンプなしで音量調節が出来ないのでパス。
で上のほうを買いました。
やっぱり口径が小さいから以前と比べると
迫力不足なのは否めないけど、
まぁなんとか我慢できるかな。って感じ。

うちにはカセットで録音したアルバムとかのストックが
600本くらいあって、さすがに全部撮り直すのは無理なんで
ずーっとカセットを聞いてきた。でもそろそろ限界。
録音する側のデッキが、遂にメゲて来てしまったのだ。
そうなると昔のストックはともかく
新作のカセットを増やせないことになる。
これはきびしいね。

っつーことで
いよいよデジタルメディアにシフトかぁ。
…って遅いよっ!
でもカセットの音って適度に
コンプ&ブーストされるので好きだったんだけどなぁ。
さてMDにするかMP3にするか。
そもそもMDへの乗換えをまったく行わなかった俺なので
MDへの愛着はないし、録音したストックもほとんどないのだ。
MP3は大量のライブラリをそのまま入れとけるもんな。
せっかくなら一足飛びにそこに行こうかねぇ。
今更MDなんて邪魔くさいよな。

夢は広がるぜ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。